H4/35W/6000Kバーナー品質検証


スポンサードリンク

サンヨーテクニカのフルキットのバーナー(バルブ)部分の品質を徹底検証。

品質等の画像つき徹底検証

製品は2008年12月現在で、ぎりぎり型遅れになってしまったSD-20AA です

画像解説 備考と説明
サンヨーテクニカHIDバーナー

1、バーナーとシェード

座金は樹脂ですが一般的に使われているような耐熱樹脂っぽく強度に問題はなさそうです。

一応位置関係のずれ等もなさそうな感じですが、シェードは溶接などではなく凹凸で嵌合しているだけなので配光のずれや安定性が不安です。

仕上げに関してはメッキですが、荒いです。艶消し状態の部分もありますが、まあ価格を考えれば許容範囲内です。

2、座金分割部分

普通はパッキンなどが入っていて、ある程度節度があるのですが、節度感に乏しく不安が残ります。

取り付け時には車両の防水ブーツが被さる部分で、実際に防水ブーツがある状態では節度が出てきました。

3、本体と配線の結合部

とにかく隙間に関してはアバウトさが目立つ本製品ですが、特に配線の出入り口は大丈夫かと・・・?

一応内部で肝心な部分では液体パッキンで固められており、重要な部分への水入りはなさそうな感じはします。

4、バーナーボディー

おそらく高電圧が通過する本体内部は完全にシールパッキンで固められているっぽいな~と感じた部分です。

隙間こそ多いものの一応老舗メーカーなのでその辺のノウハウはしっかりしていると信じたいです。

5、高電圧入力部分

バラストからの高電圧入力部分ですが、やはり樹脂の成型精度はあまり芳しくないようで、しっかり隙間があります。

一応上になる部分に傘のような部分があったりするので配慮はうかがえます。

故障さえしなければ、対価格で外観品質は十分だと思います。



サンテカバーナーの品質検証まとめ

以上ですが、全体的に樹脂の成型が悪いらしく、隙間という隙間は気になりますが高電圧リークなどが起きないようにシールパッキンで固めているのは見て取れます。

シェードに関してはメッキが丁寧であるとは言い難いものの十分な仕上げだと思います。(少なくとも錆びやメッキの剥がれなどはありませんでした)

実はのちの光度測定で明らかになるのですが、バーナーの遮光処理がしっかりされている感じにもかかわらず、シェードが悪いのか光軸を合わせても関係ないグレア光があることが若干残念でした(光度測定にて詳細を説明します)

私の評価は荒を探してますので悪く感じるかもしれませんが価格を考えて製品を見たときに、外観品質でいえばそんなに悪いとは言えません。むしろ国内メーカー(製造は国外だが)でこの価格なら「コストパフォーマンスは良好」と言えるかもしれません。


スポンサードリンク
フィード