RG(レーシングギア)


スポンサードリンク

POWER HIDブランドのRG(レーシングギア)について。会社概要、管理人の評価などなど。

会社概要

1947年設立

辰巳屋興業株式会社(内レーシングギアブランド)

・本社所在地
名古屋市昭和区白金3丁目20番15号 〒466-8711

・創業
1947年(昭和22年)10月8日

資本金
1億5000万円


従業員数
317名(2007年4月現在)

・代表者
取締役社長   青木 乙彦
取締役副社長 櫨   巳芳

一応レーシングギアは辰巳屋興業のオリジナルブランドと言うことで、レーシングギア自体はメーカーと言うよりもブランド名です。親会社である辰巳屋興業は自動車業界の人間なら誰でも知るところの、カー用品の総合商社です。

他にも建築系の鋼材や産業ロボット工作機械などなど、手がけている分野は多岐にわたるようで、HIDに注目した当サイトではありますが、辰巳屋にとってはHIDなどほんの小さな小さな分野です。

製品品質

バーナー

バーナーに関してはGE・オスラム社製を使用しているようで、1世代前のバラストのときにはオスラムで統一していたということでしょうか?一応以前のモデルのバーナーを確認したところmade in japan しか書いていないので判断できませんが変わっていないように思えます。

品質に関して言えばこちらも高品質で、シェードのメッキ部分の荒さなんかもほとんど感じません。セラミックチューブは茶色でこれといった特徴は無く高品質。と言う感じ。バーナに関しての不具合情報もそんなに多く聞かれません。

バラスト

実は現行モデルの一世代前のバラストキットから考察しているのですが、現行バラストは三菱電機製、前モデルはPIAAやレイブリックと同型のオスラム製のバラストを使っていたと思われます。(形状が同一であることは確認済)

どちらのメーカーもバラストトラブルは非常に少なく信頼がおけるかと思います。外観品質に関しつも全く問題ありません。前モデルはアルミボディーの腐食が始まると汚い感じにはなりましたが・・。

中国バラスト他オリジナル製品と異なる優位な点は、耐久性を実験するまでもなく、すでに実績で証明されているという点があげられます。価格は正直1.5~比較対象によっては3倍以上の価格差がありますが、そういった点を考慮すると高すぎるとも言えないかと思います。

ハーネス

国内メーカーらしくしっかりした部品を使用しています。ゴムパッキン一つ取って見ると明らかに海外製(主に中国とか・・・)のクオリティーと異なります。

おそらくバラスト・バーナを接続する部品なのでどちらかの関連会社がからんでいるハーネスキットかと思いますが、品質に関して言えば何も言うことは無いので、どちらのメーカーでも構わない感じです。

管理人評価

一昔前には今のように輸入品がメジャーではなかったのでHIDと言えばPIAA、レイブリック、RG(レーシングギア)・サンヨーテクニカというかんじで、価格的に前者3メーカーが10万円クラスのフルキットに対してサンヨーテクニカが5万円後半(くらいだったかな?)のフルキットを販売していました。

当時としてはサンヨーテクニカが異例の低価格で発売していたので、カーショップでは結構購入者が多かったらしく、私も結構な数のフルキットを装着した覚えがあります。(後から色々あったことは今は書かないで置きます)

要は印象としては高額なイメージでした。現在でもオリジナルで販売しているメーカー販社に比べると高額ですが、昔よりずいぶん低価格になりました。価格なりのクオリティーも、現在までの販売実績もあるので安心して付けられると思います。

製品ラインナップは35Wのみですが、幅広い色温度に対応していますので、車検に通る範囲で好きな色温度を選べばいいと思います。選択肢は狭くないです。

ただし補修パーツが全てオープン価格になっている上、取扱店舗が皆無に等しいので、結局のところいくらか分からない=ユーザビリティーが悪い。要はユーザーの立場にたったアフターケアが出来ているか?と言うと微妙なような気がします。その分製品品質はいいのでしょうが・・・。

インターネットだけではなくカー用品店などでも購入できる点は○、製品品質に関しても○、価格に関しては△、アフターケアに関しては△と言った感じで、製品品質はいいものの、アフターケアが万全で品質もソコソコ評判がいいオリジナルメーカーや輸入製品に比べると決して満点ではない感じです。

製品ラインナップ

レーシングギアのHIDキット名は「POWER HID」ラインナップは大きく分けて4つ

■車検対応範囲を目的とした、ハロゲンからのフルキット

■幅広い色温度の種類と限られたスペースに対応するショートバーナーを実装したver,R

■純正HIDの色温度を変えたい場合の純正交換タイプ

■3つの色温度をラインナップした24Vのフルキット

以上があります。ちなみにこちらのページの下部に主要色温度のフルキットがかなり安い価格(固定タイプで36,000円から)で一覧されていますので、レーシングギア購入予定の方は参考にしてください。

正直3万円台でRGレベルの製品が購入出来れば、下手な冒険をする必要もないかも知れませんね。価格を調べていて昔のイメージと違ったので少々びっくりしました。


スポンサードリンク
フィード