純正35Wから55W化は可能か


スポンサードリンク

兼ねてから考えていた純正HID35タイプから55Wにする方法、キットなどに関しての考察。

純正ディスチャージに関して

純正オプションで付いてくる場合は大抵の場合が35Wです。(まれに45W使用のHIDもあるようです)ハロゲンからHID化した場合には55Wの製品が結構出回ってきていますので、それらのキットを装着すれば良いのですが、いざ車を買い替えたりした時に最初から付いていたら・・・35Wです。

純正が暗いという訳ではありませんが、55Wを装着していたユーザーにとっては一目瞭然で暗く感じますし、これから付けようとするユーザーはせいぜい色温度を上げるくらいしかカスタマイズできず「明るくする」ことは困難です。

しかーしながら純正HIDでも55W化する方法がありますので、若干障害はありますが「可能になった」と言う部分に希望を持ちましょう。

ハイワッテージ化に関して

純正35Wから55Wにする行為をハイワッテージ化と言います。バラストの作動を考えると最大出力は70~80W出力して、その後定格の35Wまで落としているので、この落ち着く先を55Wにしてやれば理論的に改造は可能なはずですが・・・まあこの辺は今は考えないようにしましょう。

何よりDIYでいきなりバラストを分解改造なんてハードルが高すぎますし、やる気も失せることでしょう。出来るだけ安全にキット品なんかで対応したいところだな~と探していると。

探したところ、物凄く高額な製品もありましたし(10万クラス)、ヤフオクで純正バラストを改造しますよ~ってところもありましたが、リーズナブルな価格でかつ自分で作業できるキットとなると・・例によってユアーズさんから発売されていました。

このページ作成時にはモニター品で安くなっていたのでHIDチャレンジャーの私としては、試すしかないということで即購入で実験させていただきます(2008年12月現在)。→純正HID55Wハイワッテージ仕様キット(限定品のようなのでリンク切れにはご容赦ください)

オートレべリングの問題

H18年以降の「放電灯(ディスチャージランプ)」装着車には、自動光軸調整装置(オートレべライザー)の装着が義務つけられたようで、最近の新車にはすべて付いています。

このため純正HIDのバラストは単なるバラストではなく、ヘッドライトコントロールコンピューターと言う厄介な位置づけで、ますます分解して弄るのは嫌なので、キット品がベストと言えるでしょう。


スポンサードリンク
フィード