取り付けまとめと確認


スポンサードリンク

バーナーの装着と、配線のクランプ、その後作業確認の大切さに関して。

確認作業はDIYで最も重要

点灯確認が終わったら、気が緩みそうですが、外した部品の復元など最終の仕上げでは最もミスしやすい部分です。しっかり確認作業を行いましょう。

ヘッドライトユニットへのディスチャージ・バーナー挿入

以下の解説入り画像を見ながらヘッドライトユニットにバーナーを装着してください。防水ブーツが若干の抵抗になりますが、噛みこんだりしない限り強引に取り付ければすんなり入ります。

バーナーの取り付け方・画像解説

バーナー取り付けは最後の作業工程にして重要です。

見てのとおりユアーズ/KINGWOODのバーナーはバーナーが結構短いので防水ブーツに埋まったような感じなので、ハロゲンバルブが取れたなら入るかと思います。

ただし作業性が悪いと、入れるときにセラミックチューブを台座などに引っかけてしまって破損させたりする可能性はありますので十分注意して作業してください。

台座にはセラミックチューブの逃げである切り欠きが切ってあります。この逃げに沿って入れてください。

入れていったら、バーナーにある突起2つを画像の台座の切り欠き部分に合わせて奥まで突き当ったら右に回して装着完了です!



配線のクランプ

エンジンのベルトによって駆動される補機類等に配線が絡まってしまったりしないように付属のタイラップでしっかりクランプします。車両の既存ハーネスなどと一緒にクランプして、配線が遊ばないようにしましょう。

キレイに出来るか否かは・・・慣れやセンスが必要です。私は綺麗にまとめるのは苦手なので、きれいに仕上げたい時はハーネスを隠すボックスなどを自作して入れてしまします。工夫してみてください。

最後の確認

ワイヤーハーネス、コネクターの接続部分から防水シールパッキンがはみ出したりしていませんか?コネクターの半嵌合などはありませんか?ハーネスは回転部分に接触したり、する可能性はありませんか?バーナーは固定されていますか?

バッテリーの+ターミナル-ターミナルの緩みはありませんか?バーナーの取り付け状態は問題無いでしょうか?完全組み付け後、HIビームLOWビーム共に点灯しますか?HIビームインジケータは点灯しますか?

最後にディラー等で光軸調整してもらえば完璧ですね!お疲れ様でした~。


スポンサードリンク
フィード