製品の内容物と確認


スポンサードリンク

DIY取り付けに置いて重要な内容物の確認(必ず行うこと)

■ユアーズ/KINGWOOD55W6000K・HIDフルキット内容物

KINGWOODHIDキット内容

左上から外箱~その下が内容物のステーですが、そこらの汎用品とは異なってバラストのサイズをキッチリ保持できるようになっています。箱の中の二重底に隠れているので、無い!と早とちりしないようにしましょう。

右側、日本語版説明書は分かりやすくて良いと思います。こちらで内容物を確認するのが一番いいかと思います。外国語版説明書&保証書が同封されていました。

外国語版は図が分かりやすく、英語が読めないと意味不明ですが、図だけで直観的に取り付けが出来るので日本語版説明書はあるものの不要なくらいかな?と思いました。

他、子部品でステー固定用のボルト&ナット、写真には写し忘れましたがタイラップ(結束バンド)があります。

HIDバーナーとバラスト

メインの内容物は大きく分けて3部品×2ユニットです。1、バーナー 2、バラスト 3、ヒューズ&リレー付きワイヤーハーネスの3部品を1ユニットとして独立しており片側が点灯できます。左右分なので×2です。

ワイヤーハーネスはリレーとヒューズ、さらに+制御-制御を決定するためのダイオードが付いています。リレーヒューズは抜け落ちませんが、ダイオードは脱着が比較的容易にできますので脱落・紛失に注意しましょう。

バーナーは一応破損・汚損防止のプラスチックキャップで保護されています。更に右の写真を見て頂けると分かるかと思いますが、シェードとバルブ台座が一体となっておりバーナーから分割できます。写真はシェード&H4台座を外したバーナーです。

ばらすことは無いかと思いますが、バーナー後部のスライドユニットも分割できます。この辺はいじる必要性が無い上、水入りの原因などになりかねないので開けないようにしておきましょう。

内容物まとめ

と言うことで構成部品が少ない上に取り付けも簡単で、得に加工するために必要になってくる部品もないためため、実は特筆すべき点は無いのですがDIY取り付けに油断は禁物。スムーズに事を運ぶための心構えとして、まだつけていない人、これから付ける人への紹介と言うことで解説を入れました。

ではでは、次の手順は・・・取り付けにある程度自信があれば「仮配線」へ、まだまだ準備は慎重にと言う人は「疑似取り付け説明図」へどうぞ。


スポンサードリンク
フィード